読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの稜線へ

山に登ったりしてます。

【中央アルプス】 木曽駒ヶ岳 2016.11.05

 

f:id:kfc01552:20161107213726j:plain

 

木曽駒ヶ岳へ行ってきました!!

自分はお気に入りの山に何度も通う癖があって

ご近所の御在所岳は今年すでに10回

こちらの木曽駒は今年3回目の登山です

 

f:id:kfc01552:20161107214758j:plain

名古屋を早朝4時に出発。

菅の台バスセンターには6時30分到着。

思ったよりも空いてました。

 気温は5℃、紅葉がキレイです。

 

f:id:kfc01552:20161107215808j:plain

f:id:kfc01552:20161107215818j:plain

この日の始発バスは7時15分。

1便目に無事乗車。

 

 ※11月7日(月)からは始発が8時15分となってます

 

f:id:kfc01552:20161107220258j:plain

バスの終着しらび平。

 

f:id:kfc01552:20161107220251j:plain

ここからはロープウエイでゴー

一気に標高2,600mまで上がっちゃいます

うーん楽チン♪

 

f:id:kfc01552:20161107223821j:plain

あっという間に雲上の極楽へ到着。

紅葉は終わって色彩がすでに晩秋

というか初冬の雰囲気です

 

f:id:kfc01552:20161107223942j:plain

宇宙を思わせる駒ケ岳ブルーの空

これを見れただけでも大満足

 

f:id:kfc01552:20161107224143j:plain

空ばかり見上げてる訳にはいかないので

現実に戻って足元をみれば

カチカチのアイスバーンが広がってました

 

f:id:kfc01552:20161107224451j:plain

チェーンスパイクを持っていきましたが

そこまでではないとの判断で

ゆっくりソロソロ歩きます

 

f:id:kfc01552:20161107224709j:plain

ロープウエイの駅がもうあんな遠くに

てか、いきなり標高2,600mから歩きだすので

息が切れるんですよ、息が

 

f:id:kfc01552:20161107225022j:plain

 そんなこんなで乗越浄土到着

写真ではわかりにくいですが風が強いです

 

f:id:kfc01552:20161107225254j:plain

ひとまず小休止

気温は2℃です

 

f:id:kfc01552:20161107225304j:plain

剣岳

頂上尖がってます

ぜったい槍ヶ岳よりもとんがってます

 

f:id:kfc01552:20161107225616j:plain

中岳に向けて

ここも風の通り道なので強風でした

 

f:id:kfc01552:20161107225803j:plain

あっという間に中岳山頂

 

f:id:kfc01552:20161107230050j:plain

f:id:kfc01552:20161107230539j:plain

中岳から木曽駒ケ岳に向かう

北側斜面が一番雪が残ってます

 

f:id:kfc01552:20161107230505j:plain

頂上到達

 

f:id:kfc01552:20161107230555j:plain

気温は-2℃

とにかく風が強い

 

f:id:kfc01552:20161107230614j:plain

今回の木曽駒に向けて購入した手袋

氷点下、風速15メートルの天候でも

全く寒さを感じませんでした。

 

ダイソーの手袋だなんて

他の登山者には恥ずかしくて言えません

 

f:id:kfc01552:20161107231124j:plainお隣には御嶽山

 

f:id:kfc01552:20161107230547j:plain

遠くに北アルプス

 

f:id:kfc01552:20161107230604j:plain

頂上はたくさんの人が

思い思いに過ごしてました

 

そして

 

空腹の自分は

 

第二の目的地であるすが野に向かって

 

一目散に下山するのであった

 

f:id:kfc01552:20161107232606j:plain

f:id:kfc01552:20161107232541j:plain

 

駒ヶ根BC周辺はソースカツ丼

一大激戦区でもあるのです

一押しはもちろんすが野さんです

ぜひともご賞味ください

 

もうひとつの下山後の楽しみは

温泉ですね

 

www.komakusanoyu.com

 御在所とアクアイグニスがセットのように

 木曽駒とソースカツ丼+温泉はセットです

どちらの山も通い続ける理由がここにあります笑

 

≪アクセス≫

【車の場合】

中央道駒ヶ根インターから菅の台BCまで約5分

有料駐車場の収容台数350台

 →駐車料金 600円/1回(1日ではありません)

 →満車の場合は近隣の駐車場へ案内されます

【 電車の場合】

JR駒ヶ根駅から駒ケ岳ロープウエイ路線バスに乗車「しらび平」駅下車。

≪コースタイム≫

千畳敷8:30→浄土乗越9:10→中岳9:50→木曽駒ケ岳10:20→中岳11:10→浄土乗越11:40→千畳敷12:20

≪コースガイド≫

2016年11月5日現在

 →千畳敷付近の積雪はありませんが、

       一部路面凍結あり

 →八丁坂も凍結あり、下山時は要注意

 →小屋閉めの時期ですので確認をして下さい

≪下山後の楽しみ≫

www.komakusanoyu.com

retty.me

 

【鈴鹿】竜ヶ岳 2016.10.30

 

鈴鹿セブンマウンテンの一つ

竜ヶ岳に行って来ました。

 

f:id:kfc01552:20161031054618j:image

いきなりですが。

 

この山はとても素晴らしいです。

特に遠足尾根や山頂からの眺めは絶景です。

登山道も綺麗に整備されてます。

 

しかし!!

しかしです。

かなり難易度が高い山でもあります。

 

それは

 

 

 

トイレがない。。。

 

 

 

この山のメインとなる登山口は宇賀渓ですが、

そこの駐車場とそこから10分ほど先にある

キャンプ場のトイレを過ぎると

登山ルート上には全くトイレがありません。

 

宇賀渓からのルートはいくつかありますが、

どのルートも登りで約4時間前後、

下りでも約3時間前後は掛かります。

 

f:id:kfc01552:20161031054938j:image

つまり、

 

休憩を入れると約8時間くらいは

トイレを我慢しなければなりません。

 

そんな山はいくつもあるので

さほど珍しい事ではないのですが、

この山の難易度を上げているのは

人気があって多くの登山者が入山してる事と

キジ撃ち(お花摘み)スポットの

絶望的なほどの少なさです。

 

まぁ、気心の知れた仲間同士の登山なら

笑って済ます事が出来ますし

男性なら我慢も出来るでしょう。

でも女性にとってはかなりのリスクです。

 

なので、初めての場合や特に女性の方には

比較的短時間で山頂に立てる石榑峠からの

ルートをオススメします。

 

ほんと、いい山なんだけどね。

 

f:id:kfc01552:20161101190925j:plain

朝7時、すでに駐車場は満車です。

ギリギリセーフでした。

 

f:id:kfc01552:20161101190938j:plain

入山届けを出したら出発です。

 

f:id:kfc01552:20161101190937j:plain

無料で地図をもらいました。

いろんな情報が記載されてます。

 

f:id:kfc01552:20161101191048j:plain

しばらくは杉なかを進みます。

 

f:id:kfc01552:20161101191003j:plain

切り株に苔が。

 

f:id:kfc01552:20161101204013j:plain

 

f:id:kfc01552:20161101191134j:plain

遠足尾根・・・

この名称に多くの人がだまされた事でしょう。

遠足とは程遠い九十九折れの急登を

ひたすら、ただひたすら登ります。

 

f:id:kfc01552:20161101191133j:plain

ひたすらの急登。

先週登った燕岳の合戦尾根よりも

きついんちゃう?

 

f:id:kfc01552:20161101191201j:plain

無間地獄の先には極楽が待ってました。

風が心地いいです。

 

f:id:kfc01552:20161101204254j:plain

見渡す限りの笹原。

続く小道。

まるで空へと繋がっている様です。

 

f:id:kfc01552:20161101204307j:plain

振り返ると来た道が。

 

f:id:kfc01552:20161101204240j:plain

鈴鹿山系の山々も間近に見えます。

 

f:id:kfc01552:20161101191205j:plain

尾根上の道は絶景です。

のんびりどこまでも歩けます。

 

f:id:kfc01552:20161101203940j:plain

遥か彼方に御嶽山

 

f:id:kfc01552:20161101210136j:plain

山頂は広く。ここも絶景。

たくさんの登山者がお弁当を広げてます。

 

この日はほぼ無風でしたが、

ふきっさらしなので

強風の日は逃げ場が無く辛いかも。

 

f:id:kfc01552:20161101210439j:plain

有名な?赤い羊の群。

四季で衣替えする羊たちです。

 

f:id:kfc01552:20161101210508j:plain

f:id:kfc01552:20161101210553j:plain

ちょっと画像をいじって見ました。

 

f:id:kfc01552:20161101210319j:plain

f:id:kfc01552:20161101210338j:plain

f:id:kfc01552:20161101210257j:plain

 山頂ではイベントが開かれてて

とてもにぎやかでした。

 

イベントの詳細はこちら

https://www.kojitusanso.jp/tozan-report/detail/?fm=21088

 

 

※途中で一眼のバッテリーが切れてしまい

 そこからはiPhoneで撮影してます。


 

スポーツ&アウトドア

【北アルプス】燕岳 2016.10.15

 f:id:kfc01552:20161023145848j:image

 

北アルプスの女王

燕岳へ中房温泉から合戦尾根経由で登ってきました。

f:id:kfc01552:20161016183714j:plain

 

f:id:kfc01552:20161016184406j:plain

>>地図はこちら<<

登山口に中房温泉駐車場には前日の1:35に到着。

この時間ですでに駐車場は満車です。

さすが人気の山です。

てか、途中のクネクネ道が怖過ぎ。

動物はガンガン飛び出すわ、

影崩れの後はあるわ、

ほんとにこの道であってるんかいと

半泣き状態でハンドルにぎってました。

 

なんとか止めれそうな場所を止めて

朝まで仮眠です。

f:id:kfc01552:20161016184924j:plain

夜明け。

気温6度、防寒対策は完璧です。

まさかこの後、防暑対策が必要だったとは

思いもしてません。

f:id:kfc01552:20161016185046j:plain

いざ、出発!!

 

f:id:kfc01552:20161016190629j:plain

中房温泉からはいきなりの急登。

ひたすら樹林帯の中を登って行きます。

 

f:id:kfc01552:20161016185951j:plain

樹林帯の切れ間から空を見上げれば

快晴の青空が一面に。

 

f:id:kfc01552:20161016190900j:plain

第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチと

休憩場所が整備されてます。

なかなかの賑わいです。

 

f:id:kfc01552:20161016191058j:plain

 紅葉もまだチラホラ。

 

f:id:kfc01552:20161016191238j:plain

皆もくもくと登ります。

 

この辺りから暑さが・・

 

樹林帯なので無風。しかも登り。

自分はTシャツでしたが

他の登山者も10月中旬の北アとは

思えないような軽装で登ってます。

 

f:id:kfc01552:20161016191708j:plain

 合戦小屋に到着。

名物のスイカはありませんでしたが、

代わりのお汁粉がありました。

食べなかったけど。

 

f:id:kfc01552:20161016192302j:plain

 合戦小屋からは開けた道を行きます。

遠くに槍もその雄姿を見せてくれました。

 

f:id:kfc01552:20161016192430j:plain

 振り向けば彼方に富士山も見える天気のよさ。

 

f:id:kfc01552:20161016192630j:plain

燕山荘と燕岳が見えてきました。

空は相変わらずの燕ブルー。

 

f:id:kfc01552:20161016192849j:plain

f:id:kfc01552:20161016193028j:plain

燕山荘へ最期の登り。

日陰には霜柱。

でも暑い。本気で暑い。

この時点ですでに用意した2リットルの水は

全て飲みつくしてしまいました。

 

f:id:kfc01552:20161016193254j:plain

このテン場を抜ければ

 

・・・

 

f:id:kfc01552:20161016193528j:plain

北アルプスの圧倒的な絶景。

35mのレンズでは収まりきらない。

実際の景色は写真の10000倍以上です。

 

f:id:kfc01552:20161016193759j:plain

f:id:kfc01552:20161016193903j:plain

f:id:kfc01552:20161016194034j:plain

荷物を燕山荘にデポし燕岳を目指します。

ここから30分の夢のような道のり。

 

f:id:kfc01552:20161016194137j:plain

太陽に向かってジャンプするイルカさん。

空が青過ぎて海のよう。

 

f:id:kfc01552:20161016194649j:plain

f:id:kfc01552:20161016194800j:plain

きれいな砂浜みたいだろ。
ウソみたいだろ。
標高2,000mもあるんだぜ。これで・・・
泳げないんだぜ。な。ウソみたいだろ。
by上杉達也(古すぎ)

 

f:id:kfc01552:20161016195222j:plain

頂上からも360度の大絶景でした。

 

f:id:kfc01552:20161016195503j:plain

燕山荘に戻って昼ごはん。

すでに調理用の水は全て飲みつくしているので

山荘で水を購入して絶景の中でカップラーメン。

 

その後もひたすらボーっと景色を眺めていたら

いつの間にか2時間も経過していて慌てて下山。

 

f:id:kfc01552:20161016195851j:plain

来年予定している表銀座縦走コース。

うん、必ずまた来る!!

 

f:id:kfc01552:20161016200025j:plain

テン泊の人たちがうらやまし過ぎ。

横目に見ながら下山。

 

 

登山は何度もしてますが

燕岳からの景色を見たときは

涙が止まりませんでした。

 

こんなに感情がこみ上げたのは初めてで

自分でも理由はわかりません。

ただ、ひとついえる事は

 

「燕岳サイコー!!」ってことです。

 

日帰りはもったいない

楽しみな山が一つ増えました。

 

 

 

【鈴鹿】御在所岳 2016.10.10

 久しぶりの晴れ予報

ホームグラウンドの御在所岳へ行ってきました。

 

御在所岳へは今シーズン1.2.3・・・10回目!!

の記念すべき登山です。

 

この山の魅力はなんと言ってもその懐の深さです。

新緑の季節から紅葉←かなり有名、冬はスキーと

一年を通して遊べて登山道も豊富、さらに

有名なクライミングのメッカでもあります。

 

おまけにロープウエィもあって登山者だけでなく

観光客でも楽しめる山なのです。

 

今回は武平峠からのお手軽登山ルートです。

>> 地図はこちら<<

 

≪コースタイム≫

武平峠7:40→御在所山 一等三角点9:10 休憩

御在所山 一等三角点休憩10:40→武平峠11:15

 

 

 

f:id:kfc01552:20161010191153j:plain

山腹の白い鉄塔が御在所岳のトレードマーク。

ロープウエイの鉄塔として

日本で一番高いです(61メートル)

なんでも建設当時は世界一だったみたい。

 

f:id:kfc01552:20161010192006j:plain

 登山道入り口は鈴鹿スカイラインの横にあります。

 

f:id:kfc01552:20161010191416j:plain

すぐに御在所岳と鎌ヶ岳の分岐です。

 

f:id:kfc01552:20161010202011j:plain

しばらくは樹林帯の中を歩きます。

 

f:id:kfc01552:20161010191422j:plain

登山者を飽きさせないのが御在所岳

いきなりプチクライミングがあったりします。

 

f:id:kfc01552:20161010192018j:plain

 おちたらヤバそう。

 

f:id:kfc01552:20161010191846j:plain

あんなところに人が・・・

なかなかの高度感。

 

 

f:id:kfc01552:20161010191212j:plain

 ガレ場も出てきます。

 

f:id:kfc01552:20161010191608j:plain

振り返ると遠くに伊勢湾

 

f:id:kfc01552:20161010191912j:plain

頂上付近は舗装された階段。

この階段を上りきると。そこは・・・

 

f:id:kfc01552:20161010191249j:plain

頂上です。

標高1,211メートル。

 

f:id:kfc01552:20161010191649j:plain

 3連休と言う事もあって頂上は大賑わいです。

 今朝はこの地方で一番の冷え込みでした。

 頂上は10℃くらいで肌寒かったです。

 

f:id:kfc01552:20161010204923j:image

冷えた身体にコーヒーが美味しい☕️

 

f:id:kfc01552:20161010193545p:plain

 頂上にはいろいろな人がいました。

 

観光客が記念撮影してたり。

 

f:id:kfc01552:20161010191349j:plain

年配のご夫婦が景色を眺めていたり。

てか、怖くないの!?

 

 

f:id:kfc01552:20161010191301j:plain

えっ??

えええっ??

思わず3度見したスーツ姿のビジネスマン。

ウケ狙いでなく普通のサラリーマンでした。

 

f:id:kfc01552:20161010204537j:plain

頂上からは遠く琵琶湖も見えます。

 

f:id:kfc01552:20161010204257j:plain

紅葉はまだまだですね。

時期は10月中旬以降かな。

次回は紅葉の季節に来たいと思います。

 

めちゃ混みだけど。

 

 

【北アルプス】焼岳 2016.9.17

f:id:kfc01552:20160924184516j:plain

今年のシルバーウイークは台風と

秋雨前線の影響でほとんど雨予想。

なんとか晴れ予報となった日を狙って

上高地~焼岳のピストンをしてきました。

 

f:id:kfc01552:20160919132845p:plain

 

コースタイム

上高地バスターミナル6:00→田代橋6:15→焼岳登山口6:30→焼岳小屋8:30→焼岳10:00-11:00→焼岳小屋12:20-12:40→焼岳登山口13:50

 

f:id:kfc01552:20160918194601j:plain

 午前3時に沢渡駐車場に到着しました。

ものすごく立派なバスターミナルが出来ていてびっくり。2011年完成らしいので、5年ぶりくらいです。

 

f:id:kfc01552:20160922211745j:plain

沢渡からバスに揺られて上高地へ。

夜明け前ですが多くの登山者で賑わってました。

 

f:id:kfc01552:20160918195323j:plain

登山口まで梓川沿いの遊歩道を歩きます。

明るくなると雄大な穂高連峰があらわれました。

おお!!久しぶりの絶景!

 

f:id:kfc01552:20160918195843j:plain

田代橋を渡って登山道入り口に向かいます。

 

f:id:kfc01552:20160918200031j:plain

早朝の遊歩道をのんびりと歩きます。

 

f:id:kfc01552:20160918200245j:plain

登山道入り口には立派な看板が。

ここから本格的な登山開始です!

ここに書いてあるコンパスとは

登山届けを作成、提出出来るアプリです。

自分もこのアプリで登山届けを出してます。

 

f:id:kfc01552:20160919005913j:plain

 しばらく樹林帯の中を歩きます。

暑い・・・

気温は15度くらいですが、

湿度高めなので汗がすごいです。

 

f:id:kfc01552:20160919010639j:plain

暑いけど景色は最高。

木漏れ日の中を黙々と歩きます。

 

f:id:kfc01552:20160919010839j:plain

ハシゴなども出てきて飽きさせません。

 

f:id:kfc01552:20160922212837j:plain

 

ヘビちゃんも出てきて、ますます飽きさせません。

 

f:id:kfc01552:20160919133107j:plain

ヒ、ヒル!!と思ったらナメクジでした。

 

f:id:kfc01552:20160919133310j:plain

ようやく焼岳がその雄姿を現してくれました。

 

f:id:kfc01552:20160919133536j:plain

 このコースのメインイベント。

ながーいハシゴの登場です!!

 

f:id:kfc01552:20160919133903j:plain

 高所恐怖症ですが、何とかクリア。

 

f:id:kfc01552:20160919144400j:plain

やっと樹林帯を抜けました。

すると・・・

 

f:id:kfc01552:20160919144644j:plain

焼岳ブルーの空が広がってました。

 

f:id:kfc01552:20160919144758j:plain

焼岳小屋に到着。こじんまりとした小さな小屋です。

標高2,040mなので上高地から500mくらい登ってます。

なぜかアジアンなBGMが流れてました。

 

f:id:kfc01552:20160919145752j:plain

焼岳小屋から焼岳山頂までは約1時間30分、

ここからは稜線上を歩きます。

 

f:id:kfc01552:20160919150046j:plain

稜線にでると流石に涼しいです。

気温は10度くらいですが、

すばらしい景色を眺めながらの気持ちよい山歩きです。

 

f:id:kfc01552:20160919151109j:plain

山頂に近づくと硫黄の臭いが漂ってきました。

好奇心で蒸気に触ったら、

「熱っっ!!」とガチで叫んでしまいました。

 

f:id:kfc01552:20160919150857j:plain

活火山なので落石が多いです。

ヘルメットは着用しましょう。

 

f:id:kfc01552:20160919151331j:plain

新中の湯ルートとの合流地点。

ここでコーヒー休憩と思ったら

マグカップを忘れてくるという大失態。

 

しかも急速に天候が悪化してきたので、

急いで下山を開始。

 

てか、

 

ここが頂上だと思い込んだまま

下山しちゃいました。

 

焼岳北峰(頂上)は写真正面を上がったところにあったらしいです。

 

f:id:kfc01552:20160919152756j:plain

ちょこっと見える緑の屋根が焼岳小屋

そのはるか向こうの赤い屋根が西穂山荘です。

 

f:id:kfc01552:20160919152951j:plain

下山と同時に山頂は雲に包まれてしまいました。

 

f:id:kfc01552:20160919153155j:plain

さっきまで目の前にドーンと構えていた

穂高連峰もすっぽりと雲に包まれて

しまいました。

 

朝に上高地で見た登山者の多くはあちらに向かってます。予報では午後から大荒れなので心配です。

 

f:id:kfc01552:20160919154309j:plain

こちらも上高地へと急いで下山します。

 

f:id:kfc01552:20160919154437j:plain

f:id:kfc01552:20160919154535j:plain

帰りは焼岳小屋に立ち寄って

行動食のフルグラで腹ごしらえ。

今回の目的のひとつ「バッジ」を購入。

バッジの「YAKE」がツボってしまった。

 

f:id:kfc01552:20160919155011j:plain

上高地に下山するといまにも降りそうです。

 

久しぶりの上高地

 

穂高、槍方面には何度も行っているのですが、焼岳は初登頂でした。なんとか天候にも恵まれて素晴らしい景色の中の登山で大満足。

 

下山後に上高地で観光をと思ったのですが、天気が持ちそうにないのと、帰りの渋滞を考えてそのまま帰宅の徒に。

 

f:id:kfc01552:20160919155353j:plain

午後からは予報通り、大荒れの天候になったようです。翌日は横尾~涸沢間に掛かっている本谷橋もこの状況。今年は8月のお盆以降、晴れた土日がほとんどないです。

 

今度は晴れた日に!!ですね。

 

 

キーワード:

【北アルプス】乗鞍岳 2016.9.9

f:id:kfc01552:20160924183914j:plain

 

 標高2,700メートルまでバス使用で

サクッと上がれちゃいます。

今回は夏期限定の御来光バスに乗っての

御来光+登山の欲張り計画です。

 

f:id:kfc01552:20160919183912j:plain

コースタイム

乗鞍観光センター4:10→ご来光バス→県境ゲートバス亭5:00→大黒岳5:20→乗鞍畳平6:20→肩ノ小屋8:20→剣が峰9:30→肩ノ小屋12:15→乗鞍畳平12:45

 

乗鞍高原観光センターに車を止めて

4時10分のご来光バスに乗車。

係りの人の山頂情報では気温5度、風速10メートル。

体感温度はマイナスです。

お手軽とは言えやっぱり3000メートル峰

この日の名古屋の最高気温が32度だったので

寒暖差はまさかの28度です。

f:id:kfc01552:20160914084325j:image

登山バスに50分ほど揺られると

強風吹き荒れる真っ白な世界。

こんな吹きっさらしのトコで下ろすの?

と言う場所でまさかの全員強制下車。

たまらず、大黒岳の休憩小屋に避難。

 

f:id:kfc01552:20160914085945j:image

しばらくすると

なんとなく周囲が明るくなって絶景が広がってきます。

 

f:id:kfc01552:20160919185134j:plain

 霧で朝陽なのか夕陽なのかわかりません。

 

f:id:kfc01552:20160919185347j:plain

畳平は霧の中。

とりあえず中に入って霧が晴れるのを待ちます。

 

f:id:kfc01552:20160919185825j:plain

晴れたーーっ!!

 

f:id:kfc01552:20160919190832j:plain

お花畑からの不動岳。

まずは肩の小屋を目指します。

 

f:id:kfc01552:20160919191449j:plain

ここはすでに標高2,500mオーバーの世界。

雲海がどこまでも広がってます。

 

f:id:kfc01552:20160919191708j:plain

f:id:kfc01552:20160919191811j:plain

こんな施設があるって事は星空が綺麗なんだろうなぁ。

次は星空撮影にも来たいですね。

 

f:id:kfc01552:20160919192020j:plain

肩ノ小屋前のベンチからは絶景が広がってました。

手前のピークが蚕玉岳、奥が乗鞍の最高峰、剣が峰です。

 

f:id:kfc01552:20160919192334j:plain

ここから本格的な登山道になります。

ゴロゴロした石の上を歩くのですがこれが歩きにくい。

そして暑い

 

f:id:kfc01552:20160919192706j:plain

斜度もだんだん急になってきました。

 

f:id:kfc01552:20160919193441j:plain

蚕玉岳に到着。

読めない。

 

f:id:kfc01552:20160919193919j:plain

剣が峰へ向かって最期の登り。

稜線上は涼しいけど遮る物が何もないので紫外線が強烈。

 

f:id:kfc01552:20160919194141j:plain

頂上まであとすこし。

すでに3,000m、息が苦しい。

 

f:id:kfc01552:20160919194554j:plain

剣が峰に登頂!!

畳平からノンビリ休憩しながら3時間でした。

 

f:id:kfc01552:20160919194755j:plain

山頂からの眺め①

独立峰の御嶽山は一目でわかる山容と存在感。

 

f:id:kfc01552:20160919194917j:plain

山頂からの眺め②

穂高連峰とその先に見える槍ヶ岳

あまりの美しさにため息が出てしまいます。

 

f:id:kfc01552:20160919195419j:plain

山頂からの眺め③

中央と南アルプスの競演。

北岳の背後に薄っすらと富士山も見えてます。

山頂からは富士山・北岳・奥穂高のTOP3を望むことができました。

 

f:id:kfc01552:20160919195736j:plain

頂上で最高の景色を眺めながらのコーヒータイム。

この瞬間の為にここまで来たのです。

名古屋のコメダではこの幸福は味わえません。

 

f:id:kfc01552:20160919200816j:plain

f:id:kfc01552:20160919200222j:plain

頂上小屋ではTシャツとかいろいろ売ってました。

山小屋ですが、宿泊は出来ず売店だけの営業でした。

 

 

f:id:kfc01552:20160919201005j:plain

後ろ髪ひかれながら下山開始。

はるか下に肩ノ小屋を望みながら下っていきます。

 

f:id:kfc01552:20160919201236j:plain

振り返れば山頂はすでに遥か彼方。

 

f:id:kfc01552:20160919201426j:plain

f:id:kfc01552:20160919201533j:plain

f:id:kfc01552:20160919201611j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログのはじまり

f:id:kfc01552:20160910233735j:image

 

「今日は元日だ。

町の人々は僕の最も好きな餅を腹一杯食い、

嫌になるほどの正月気分を味わっていることだろう。

それだのに、それだのに、

なぜ僕は、ただ一人で

呼吸が蒲団に凍るような寒さを忍び、
凍った蒲鉾ばかりを食って、

歌も唄う気がしないほどの淋しい生活を、
自ら求めるのだろう・・・。」

昭和四年(1929)一月、
厳冬の八ヶ岳で自問自答を繰り返す

一人の男がいました。
彼の名は加藤文太郎

後に

「不撓不屈の岳人」

「生まれながらの単独登山者」と
呼ばれ称された人でした。

 

加藤文太郎

 

小説や漫画にもなった「孤高の人

そのモデルの人物です。

 

 

新編 単独行 (ヤマケイ文庫)

新編 単独行 (ヤマケイ文庫)

 

 

彼の著書「単独行」を読んで

山に登りたい!!と感化され

真夏の塔ノ岳にジーンズ、スニーカーで挑み

あえなく撃沈したあの日から

自分の中の登山が始まりました。

 

あれからいくつの山に登って

魅了されてきたでしょう。

なんとなくブログでも

書いてみようかなぁと

思いつきではじめてみました。

 

全くの思いつきブログなのですが

何かしらの発見や

繋がりがあればと思います。

 

それではよろしくお願いします。