読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの稜線へ

山に登ったりしてます。

【北アルプス】乗鞍岳 2016.9.9

北アルプス

f:id:kfc01552:20160924183914j:plain

 

 標高2,700メートルまでバス使用で

サクッと上がれちゃいます。

今回は夏期限定の御来光バスに乗っての

御来光+登山の欲張り計画です。

 

f:id:kfc01552:20160919183912j:plain

コースタイム

乗鞍観光センター4:10→ご来光バス→県境ゲートバス亭5:00→大黒岳5:20→乗鞍畳平6:20→肩ノ小屋8:20→剣が峰9:30→肩ノ小屋12:15→乗鞍畳平12:45

 

乗鞍高原観光センターに車を止めて

4時10分のご来光バスに乗車。

係りの人の山頂情報では気温5度、風速10メートル。

体感温度はマイナスです。

お手軽とは言えやっぱり3000メートル峰

この日の名古屋の最高気温が32度だったので

寒暖差はまさかの28度です。

f:id:kfc01552:20160914084325j:image

登山バスに50分ほど揺られると

強風吹き荒れる真っ白な世界。

こんな吹きっさらしのトコで下ろすの?

と言う場所でまさかの全員強制下車。

たまらず、大黒岳の休憩小屋に避難。

 

f:id:kfc01552:20160914085945j:image

しばらくすると

なんとなく周囲が明るくなって絶景が広がってきます。

 

f:id:kfc01552:20160919185134j:plain

 霧で朝陽なのか夕陽なのかわかりません。

 

f:id:kfc01552:20160919185347j:plain

畳平は霧の中。

とりあえず中に入って霧が晴れるのを待ちます。

 

f:id:kfc01552:20160919185825j:plain

晴れたーーっ!!

 

f:id:kfc01552:20160919190832j:plain

お花畑からの不動岳。

まずは肩の小屋を目指します。

 

f:id:kfc01552:20160919191449j:plain

ここはすでに標高2,500mオーバーの世界。

雲海がどこまでも広がってます。

 

f:id:kfc01552:20160919191708j:plain

f:id:kfc01552:20160919191811j:plain

こんな施設があるって事は星空が綺麗なんだろうなぁ。

次は星空撮影にも来たいですね。

 

f:id:kfc01552:20160919192020j:plain

肩ノ小屋前のベンチからは絶景が広がってました。

手前のピークが蚕玉岳、奥が乗鞍の最高峰、剣が峰です。

 

f:id:kfc01552:20160919192334j:plain

ここから本格的な登山道になります。

ゴロゴロした石の上を歩くのですがこれが歩きにくい。

そして暑い

 

f:id:kfc01552:20160919192706j:plain

斜度もだんだん急になってきました。

 

f:id:kfc01552:20160919193441j:plain

蚕玉岳に到着。

読めない。

 

f:id:kfc01552:20160919193919j:plain

剣が峰へ向かって最期の登り。

稜線上は涼しいけど遮る物が何もないので紫外線が強烈。

 

f:id:kfc01552:20160919194141j:plain

頂上まであとすこし。

すでに3,000m、息が苦しい。

 

f:id:kfc01552:20160919194554j:plain

剣が峰に登頂!!

畳平からノンビリ休憩しながら3時間でした。

 

f:id:kfc01552:20160919194755j:plain

山頂からの眺め①

独立峰の御嶽山は一目でわかる山容と存在感。

 

f:id:kfc01552:20160919194917j:plain

山頂からの眺め②

穂高連峰とその先に見える槍ヶ岳

あまりの美しさにため息が出てしまいます。

 

f:id:kfc01552:20160919195419j:plain

山頂からの眺め③

中央と南アルプスの競演。

北岳の背後に薄っすらと富士山も見えてます。

山頂からは富士山・北岳・奥穂高のTOP3を望むことができました。

 

f:id:kfc01552:20160919195736j:plain

頂上で最高の景色を眺めながらのコーヒータイム。

この瞬間の為にここまで来たのです。

名古屋のコメダではこの幸福は味わえません。

 

f:id:kfc01552:20160919200816j:plain

f:id:kfc01552:20160919200222j:plain

頂上小屋ではTシャツとかいろいろ売ってました。

山小屋ですが、宿泊は出来ず売店だけの営業でした。

 

 

f:id:kfc01552:20160919201005j:plain

後ろ髪ひかれながら下山開始。

はるか下に肩ノ小屋を望みながら下っていきます。

 

f:id:kfc01552:20160919201236j:plain

振り返れば山頂はすでに遥か彼方。

 

f:id:kfc01552:20160919201426j:plain

f:id:kfc01552:20160919201533j:plain

f:id:kfc01552:20160919201611j:plain