読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの稜線へ

山に登ったりしてます。

【北アルプス】燕岳 2016.10.15

北アルプス

 f:id:kfc01552:20161023145848j:image

 

北アルプスの女王

燕岳へ中房温泉から合戦尾根経由で登ってきました。

f:id:kfc01552:20161016183714j:plain

 

f:id:kfc01552:20161016184406j:plain

>>地図はこちら<<

登山口に中房温泉駐車場には前日の1:35に到着。

この時間ですでに駐車場は満車です。

さすが人気の山です。

てか、途中のクネクネ道が怖過ぎ。

動物はガンガン飛び出すわ、

影崩れの後はあるわ、

ほんとにこの道であってるんかいと

半泣き状態でハンドルにぎってました。

 

なんとか止めれそうな場所を止めて

朝まで仮眠です。

f:id:kfc01552:20161016184924j:plain

夜明け。

気温6度、防寒対策は完璧です。

まさかこの後、防暑対策が必要だったとは

思いもしてません。

f:id:kfc01552:20161016185046j:plain

いざ、出発!!

 

f:id:kfc01552:20161016190629j:plain

中房温泉からはいきなりの急登。

ひたすら樹林帯の中を登って行きます。

 

f:id:kfc01552:20161016185951j:plain

樹林帯の切れ間から空を見上げれば

快晴の青空が一面に。

 

f:id:kfc01552:20161016190900j:plain

第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチと

休憩場所が整備されてます。

なかなかの賑わいです。

 

f:id:kfc01552:20161016191058j:plain

 紅葉もまだチラホラ。

 

f:id:kfc01552:20161016191238j:plain

皆もくもくと登ります。

 

この辺りから暑さが・・

 

樹林帯なので無風。しかも登り。

自分はTシャツでしたが

他の登山者も10月中旬の北アとは

思えないような軽装で登ってます。

 

f:id:kfc01552:20161016191708j:plain

 合戦小屋に到着。

名物のスイカはありませんでしたが、

代わりのお汁粉がありました。

食べなかったけど。

 

f:id:kfc01552:20161016192302j:plain

 合戦小屋からは開けた道を行きます。

遠くに槍もその雄姿を見せてくれました。

 

f:id:kfc01552:20161016192430j:plain

 振り向けば彼方に富士山も見える天気のよさ。

 

f:id:kfc01552:20161016192630j:plain

燕山荘と燕岳が見えてきました。

空は相変わらずの燕ブルー。

 

f:id:kfc01552:20161016192849j:plain

f:id:kfc01552:20161016193028j:plain

燕山荘へ最期の登り。

日陰には霜柱。

でも暑い。本気で暑い。

この時点ですでに用意した2リットルの水は

全て飲みつくしてしまいました。

 

f:id:kfc01552:20161016193254j:plain

このテン場を抜ければ

 

・・・

 

f:id:kfc01552:20161016193528j:plain

北アルプスの圧倒的な絶景。

35mのレンズでは収まりきらない。

実際の景色は写真の10000倍以上です。

 

f:id:kfc01552:20161016193759j:plain

f:id:kfc01552:20161016193903j:plain

f:id:kfc01552:20161016194034j:plain

荷物を燕山荘にデポし燕岳を目指します。

ここから30分の夢のような道のり。

 

f:id:kfc01552:20161016194137j:plain

太陽に向かってジャンプするイルカさん。

空が青過ぎて海のよう。

 

f:id:kfc01552:20161016194649j:plain

f:id:kfc01552:20161016194800j:plain

きれいな砂浜みたいだろ。
ウソみたいだろ。
標高2,000mもあるんだぜ。これで・・・
泳げないんだぜ。な。ウソみたいだろ。
by上杉達也(古すぎ)

 

f:id:kfc01552:20161016195222j:plain

頂上からも360度の大絶景でした。

 

f:id:kfc01552:20161016195503j:plain

燕山荘に戻って昼ごはん。

すでに調理用の水は全て飲みつくしているので

山荘で水を購入して絶景の中でカップラーメン。

 

その後もひたすらボーっと景色を眺めていたら

いつの間にか2時間も経過していて慌てて下山。

 

f:id:kfc01552:20161016195851j:plain

来年予定している表銀座縦走コース。

うん、必ずまた来る!!

 

f:id:kfc01552:20161016200025j:plain

テン泊の人たちがうらやまし過ぎ。

横目に見ながら下山。

 

 

登山は何度もしてますが

燕岳からの景色を見たときは

涙が止まりませんでした。

 

こんなに感情がこみ上げたのは初めてで

自分でも理由はわかりません。

ただ、ひとついえる事は

 

「燕岳サイコー!!」ってことです。

 

日帰りはもったいない

楽しみな山が一つ増えました。