読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの稜線へ

山に登ったりしてます。

【鈴鹿】御在所岳 2016.12.03

 

絶好の山日和に

マイホームマウンテンの御在所岳

今回は登りは中道、下山は新道です。

 

【今回の装備】

・ベースレイヤー

(モンベル)ジオラインL.W.Tシャツ

・ミドルレイヤー

(モンベル)トレールアクション ジャケット

・アウター

(コロンビア)マウンテンズアーコーリングIIジャケット

・パンツ

(ノースフェイス)バーブパンツ(VERB PANT)

・ソックス

(インジンジ)INJINJI-ライナー-クルー グレー

(フィッツ)ウルトラヘビーエクスペディションタグドブーツ

・シューズ

(モンベル)ツオロミー®ブーツ

【アクセス】

東名阪自動車道四日市ICより約30分

鈴鹿スカイライン無料駐車場を使用。

鈴鹿スカイラインは例年12月中旬頃より

冬季閉鎖になるので要注意です

下記ホームページで事前確認を。

http://www.pref.mie.lg.jp/HKENSET/HP/

 

御在所岳は今年12回目

自分は百名山とかには興味がなく

好きな山に、好きなだけ行く

をモットーとしてるので

非常に偏った登山になってます笑

 

この御在所岳ですが

季節で違う景色に次々に現れる奇岩に絶景。

キレット、鎖、ハシゴなどなど

登山者を飽きさせないルート。

さらにクライミングも沢もあり

冬には雪山にもなったり

通い通せば山の全てが学べるような

とっても本当に素晴らしい山です。

標高こそ1,200くらいしかありませんが

その高さ以上の満足と充実感があります。

 

鈴鹿スカイラインの無料駐車場から

中道登山口はすぐです。

 

ポストがあるので登山届けを出したら

出発です。

 

f:id:kfc01552:20161204195553j:plain

最初に現れる奇岩

おばれ岩

 

ほとんどの登山者に

あばれ岩とかおぼれ岩とか

間違って覚えられてしまう

とても可哀想な岩です。

由来は負ぶさる(おぶさる)からきてます

 

f:id:kfc01552:20161204195604j:plain

 岩と岩の隙間を通りましょう。

 f:id:kfc01552:20161204104625j:plain

続いての奇岩は地蔵岩

 

このバランス感覚

どうやってこの状態になったのか??

自然ってすごい!!

 

f:id:kfc01552:20161204104448j:plain

時折山頂と有名な白い鉄塔が見えたりします

 

f:id:kfc01552:20161204104946j:plain

写真は下山時の新道から見たキレットです

登り時は真ん中に写っている岩場を下ります

 

f:id:kfc01552:20161204104719j:plain

岩の上で休憩できるスポット兼

撮影スポットもたくさんあります

向こう側は何もありません

自撮りする時は要注意です。

 

f:id:kfc01552:20161204202050j:plain

アスレチック!!

御在所行くと翌日は足ではなく

腕が筋肉痛になったりします。

 

f:id:kfc01552:20161204202332j:plain

頂上(三角点)はこの丘の上になりますが

お腹が空いたのでアゼリア(レストラン)へ

さすがに頂上とかはもういいです笑

 

 

f:id:kfc01552:20161204104819j:plain

おいしい食事ができます

 

f:id:kfc01552:20161204104855j:plain

おススメはカレーシリーズ

今回は海老天カレーうどんです

 

f:id:kfc01552:20161204104738j:plain

山頂の日陰ではが張っていたり

 

f:id:kfc01552:20161204104544j:plain

路面が凍結していたり

もう冬は間近です

 

f:id:kfc01552:20161204104650j:plain

f:id:kfc01552:20161204104615j:plain

新道から下山してからの鉄板コース

 

片岡温泉 | 湯の山温泉 アクアイグニス

 

次は来年、雪の季節に

お邪魔しようと思います。