読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの稜線へ

山に登ったりしてます。

【中央アルプス】 木曽駒ヶ岳 2016.12.25

 f:id:kfc01552:20161226210128j:plain

 

メリークリスマス♪

2016年のクリスマスイブ&クリスマスは

大好きな山ですごしました。

 

クリボッチ登山ですが泣

 

24日は御在所岳→今年13回目

もういまさらブログでもなかろうかと

しかも、カメラ持って行かなかったので画像無いし

 

25日は木曽駒ケ岳→今年4回目

こちらもいまさらですが笑

2016-2017シーズン初の雪山になりましたので

記事にしようかと。。。

 

f:id:kfc01552:20161226210738j:plain

 【ルート】

千畳敷~乗越浄土~中岳~木曽駒ケ岳(ピストン)

 【コースタイム】

千畳敷10:15→乗越浄土11:10→木曽駒ケ岳12:20

木曽駒ケ岳12:45→乗越浄土13:50→千畳敷14:30

ログを取ってないので、

時間はかなり適当です。

 

帰りのロープウエイが、

14:50発だったのは覚えてます笑

 

【今回の装備】

・ベースレイヤー(上)

 モンベル ジオラインLW半袖

 モンベル メリノウールMW長袖

・ベースレイヤー(下)

 モンベル ジオラインMW

・ミドルレイヤー

 ノースフェイス バーサロフトジャケット

・アウター

 モンベル コスミックパーカ

・パンツ

 ノースフェイス オールマウンテン パンツ

・ソックス

 インナー インジンジ5本指ソックス

 アウター フィッツ エクスペディションブーツ

・シューズ

 LOWA マウンテンエキスパート

 

f:id:kfc01552:20161226210829j:plain

夜明け前の菅の台バスセンター

気温はマイナス2℃でした。

この時期の始発バスは8時20分ですが

連休ということで8時に臨時バスがでました。

 

f:id:kfc01552:20161226213609j:plain

 臨時バス~臨時ロープウエイに乗り継いで

あっという間に千畳敷に。

沢山の登山客で賑わってます。

 

f:id:kfc01552:20161231190304j:plain

良く見ればサンタさんも

 

f:id:kfc01552:20161226220810j:plain

 上の方は天候も悪いので、

写真撮ったりとのんびりしてから出発です。

すでにほとんどの登山者は出発後です。

 

f:id:kfc01552:20161226221154j:plain

 乗越浄土への八丁坂で大渋滞。

ノンビリ出発大正解です♪

 

f:id:kfc01552:20161226221438j:plain

この辺、雪が深くて難儀しました。

 

f:id:kfc01552:20161231190652j:plain

 乗越浄土に到着。

さっきまでの曇天模様から一転

快晴の稜線歩きです。

 

f:id:kfc01552:20161231195152j:plain

雪を纏った宝剣岳

神々しいばかり。

 

f:id:kfc01552:20161231195338j:plain

中岳~木曽駒ケ岳は風も穏やか。

 

f:id:kfc01552:20161231195411j:plain

木曽駒ブルーの青空の下、

最高の雪山です。

 

f:id:kfc01552:20161231195623j:plain

 

f:id:kfc01552:20161231195921j:plain

大パノラマの頂上からの眺め。

富士山、南アルプス八ヶ岳

北アルプス御嶽山

 

f:id:kfc01552:20161231200334j:plain

気温-8℃、ほぼ無風。

大勢の登山者で賑わってます。

 

f:id:kfc01552:20161231200445j:plain

テムレス最強

遠くからも目立つので

多くの方から「同じ手袋ですね」と

声をかけられました笑

 

f:id:kfc01552:20161231200827j:plain

雪に覆われ凍える祠を後にし下山。

 

f:id:kfc01552:20161231200855j:plain

今シーズンの雪山第一弾は

最高の天候に恵まれました。

 

f:id:kfc01552:20161231201037j:plain

ロープウエィで簡単に来れるとはいえ、

ここは3,000m級の雪山です。

これまでに多くの事故が起きています。

 

この記事を書いている時にも

伊那前岳で滑落による遭難があり

不幸にも悲しい結果になったとの

ニュースが流れてきました。

 

www.news24.jp

f:id:kfc01552:20161231201455j:plain

画像は乗越浄土からの伊那前岳です。

この斜面を滑落したのではと思います。

 

f:id:kfc01552:20161231200736j:plain

こちらは乗越浄土から八丁坂への降り口。

ここはアイスバーンになってます。

 

登るときはいいのですが、

下り時は危険な要注意ポイントです。

ここは皆が恐る恐る通過してました、

(特に奥の登山者は完全に腰が引けて危険)

 

千畳敷でアイゼンを装着している時も

隣の登山者は付け方が解らないようで

同行者の仲間らしき方に聞いてました。

その同行者もよく解らなかったようで

「それで多分大丈夫」と言ってましたが、

ループを通す順番が違っていたり、

ヒモの末端が靴の内側に出ていたり

 あきらかに付け方は間違ってました。

 

自分もまだまでですが、

雪山のリスクをいろいろと考えさせられました。